飲み方

金の菊芋の飲み方、飲むタイミングについて徹底調査しました

金の菊芋を飲んでいる

金の菊芋は血糖値が高く糖尿病のリスクを抱えている人に、血糖値を抑えるのにうってつけのインスリンとして機能してくれるサプリなのですが、

効果がでない人
効果がでない人
実際に飲んだけど全然血糖値が下がらない

という口コミをたまに聞きますが、そういう人は金の菊芋を飲むタイミングを間違っている可能性があります。

この記事では実際に金の菊芋の正しい飲み方と飲むタイミングについて紹介していきます。

→金の菊芋の口コミはこちら

金の菊芋を飲むタイミング

公式サイトによると、金の菊芋を飲むタイミングはいつでも大丈夫です。

金の菊芋を飲むタイミング

もちろん食後に飲んでも菊芋のインスリンとして摂取できますので、タイミングについてはこだわらなくて大丈夫です。あくまでも、毎日継続して飲み続けることが大切です。

毎日飲まないといけないのを、一日おきに飲んだりしていると、血糖値を抑えられず効果が感じられないので注意してください。

この飲み方によって食事で摂取する糖質の吸収が抑えられるとともに、肥満対策やダイエットを心がけている人に効果が実感できます。

金の菊芋の飲み方

飲むタイミングを抑えましたが、飲む方にもこだわりましょう。

金の菊芋を水で飲む

水かぬるま湯で飲みましょう

金の菊芋は基本的には水か暖かくした40度前後のぬるま湯で飲むようにしましょう。ぬるま湯で飲むことによって体内に栄養素が吸収されやすくなります。

ありがちなのが、お茶などで一緒に飲む人がいますが、そうしてしまうとお茶に含まれているカテキンが、菊芋の成分であるインスリンを邪魔して体内にうまく吸収されなくなるので注意が必要です。

1日につき7錠飲む

金の菊芋を飲む量は1日あたり7粒で大丈夫です。

飲む回数は2回に分けても3回に分けても問題ありません。

例えば、朝に3粒飲んで夕方に4粒飲むようにしてもいいです。

金の菊芋の飲み方が悪い例

金の菊芋の飲み方が悪い

金の菊芋で効果がでない人を見かけますが、飲み方や飲むタイミングを誤っている可能性があります

ここでは典型的な間違った飲み方について紹介します。

ケース1:飲む時間がバラバラ、毎日飲んでいない

これは金の菊芋を毎日飲んでいないケースです。

毎日飲まなくても問題ないと思って1日おきに飲むような飲み方はやめましょう

オススメは毎日、朝と夕方の食前に3粒か4粒を飲むようにすると忘れずに毎日継続しやすくなります。

ケース2:1日に飲む量が多すぎる

逆に金の菊芋を飲み過ぎても効果が期待できません。

金の菊芋は1日につき7粒までと決められているので、血糖値を下げたいと余分に飲んでしまうのはかえって効果が期待できなくなります。

ケース3:水で飲んでいない

これは食事のついでにやってしまいがちなのですが、水ではなくお茶やジュースで飲んでしまうケースです。

菊芋のインスリンの成分が体内に摂取されるのを妨げてしまうので、必ずぬるま湯か水で飲むようにしてください。

まとめ

金の菊芋の正しい飲み方・飲むタイミングについて紹介してきました。

オススメなのは毎日の朝食や夕食の前など決まったタイミングで飲むようなクセをつけておくと挫折することがなく、うまく続けることができます。